日田で唯一の小学生男子ジュニアバレーボールチーム「日田ファイヤーキッズクラブ」に小さな青春をかける子供たちと、それを取り巻く大人たちのコミュニティサイト。一本カットォ~っ!
月別ログ_2010年01月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心・技・体が揃うということ・・・ (2010/01/20)
なかなか更新が進まなくてすみません・・・
さて、本当は他の記事の予定でしたが、いろいろあって別の事を書こうと思います。

「心・技・体」

スポーツに限らず、人間が最も高いパフォーマンスを発揮できるのは、この3つが100%充実している時だと言われます。

「心」(Mental)・・・心、気持ち、精神的な部分
「技」(Skill) ・・・・技術、テクニック
「体」(Fitness)・・身体、健康

このファイヤーキッズのサイトの一番上にもずっとこの3つの言葉が出ていますが、これはイコール、「指導者」「選手」「家庭」それぞれの役割分担で、その3つのトライアングルが見事にマッチしたときに最高の試合ができるということをあらわしているつもりです。

「心」
これは一番大事なところですが、選手自身がいろんなことを経験し、積み重ねていくことでしか身につけることはできません。だからこそ、やり抜いたときに「たからもの」として深く自分の中に刻まれるのだと思います。

「技」
ここは皆さんもお分かりの通り、監督・コーチが身を削る思いで選手たちに教えてくれています。

そして最後の「体」
この「体」の部分を担う役割は、ほかの誰でもなく「親(家庭)」だと思っています。ファイヤーの選手たちは、普通のジュニアスポーツをやっている子どもたちとは比べものにならない程の練習をこなしています。当然、強くなります。が、それと引き換えに、オーバーワークによる怪我や故障と常に紙一重です。もちろん、監督やコーチがそこを考えながら練習計画を実践してくださっていますが、怪我や故障のリスクは常に負っています。だからこそ、普段から僕も口にすることが多いのですが、食事、体温調節や体のケアが大事なのです。
・体が温まらないうちに激しいトレーニングをすると、筋肉にダメージを与えます。
・体が汗で冷えるのが、もっとも風邪をひきやすい。
・練習や試合前には、筋肉中のグリコーゲンを増やしておくためのカーボローディングを行う。(炭水化物の摂取)
・血中にたまった乳酸を早く分解させ、筋肉疲労の回復に努めるため、試合や練習後にクエン酸を摂取する。
・強い体作りのための、普段の食生活(炭酸飲料は食事が入らなくなります!)
・怪我をしないための生活態度を徹底させる。(危険な行動をしない、集中力の欠如)
・運動、食事、睡眠、背が伸びるための3大要素を充実させる。
この他にもまだまだしてやれることはたくさんありますが、ざっと書き出しただけでも上記のように家庭の役割は非常に多くあります。そして何よりも、「最高の状態で選手をコートに送り出す」ということが、究極の家庭の役割だと思っています。また、このことは「してやれる」と思うのか「しないといけない」と思うのかで、家庭内で負担になるかどうかが大きく変わってきます。自分の気持ちを押し付けることはできませんが、僕は「子供にしてやれること」がこんなにあるということに嬉しさや遣り甲斐を感じますし、それでいい試合をしてくれた時は更にやる気が倍増します。おまけに監督やコーチ、父母会のみなさんと美味しいお酒が飲めたりしたら、もう最高です。

話が長くなりましたが、結局何が言いたいかというと、選手、指導者、家庭それぞれに明確な役割があり、その役割がそれぞれ100%悔いのない状態で達成されたときに、最高の結果が出るのではないか、つまり

「心技体が揃う」

とはそういうことではないかと思うのです。特に小学生である彼らにとって、自分一人の力で心技体を100%充実させるというのは非常に困難なことだと思っています。それぞれが出来得る限りの手を尽くし、「これ以上はムリ!」という試合をしてほしいのです。負ける時は「これ以上ムリ!」という内容で負けたいんです。
ということで、少々長くなりましたが、今一度「選手の体はチームみんなのもの」という事を自覚して、最高の状態でコートに送り出しましょう!それが僕たち親の大事な仕事です。

夢に向かって全員で突き進もう!

20081116 road to 2010 tokyo14

PS:先日の駅伝大会と、別府市新人戦の写真をUPしてます。DLしてください!
<別府新人戦>

<交流駅伝大会>
スポンサーサイト
いよいよ2010年の幕開けだーっ! (2010/01/01)
2010年賀状
みなさま、新年あけましておめでとうございます。いよいよこのチームにとっての本番の年がやってきました。思い返せば昨年の秋に、今のチームが2010年を目指した2年計画をスタートさせてから「あっ!」という間でした。その間、いろんな事があり、とても多くのことを学ぶことができた期間だったように思います。改めて、周りの皆様に支えられ、助けられていることを実感することもできました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
さて、小さいながらも東京を目指している我らがファイヤーキッズたちは、「このチームでできること」を探究し、私たち保護者の想像をはるかに超えるレベルのバレーボールができつつあります。中でも、2年生ながらレギュラーポジションを務める2人は、肉体的にも精神的にもギリギリのところで踏ん張ってくれています。
父母会も含めて、まだまだ未熟なチームではありますが、ファイヤーキッズの絆をつなごうと一生懸命頑張っています。OBの皆様をはじめ、応援下さっているすべての皆様に、この場をお借りいたしましてお願いいたします。
どうぞ、お時間がある時で結構ですので、ぜひ練習を見に来てやってください。選手にとっても、それが何よりの励みになります。
今年の夏、皆様に「手に汗握る試合」をお見せできることを願って、日々精進してまいります。
本年度も皆様の応援を何卒よろしくお願いいたします。

ページ上部に戻る▲
燃えろ!日田ファイヤ|キッズクラブ © 日田ファイヤーキッズクラブ 2010. (http://hitafirekids.blog57.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。