日田で唯一の小学生男子ジュニアバレーボールチーム「日田ファイヤーキッズクラブ」に小さな青春をかける子供たちと、それを取り巻く大人たちのコミュニティサイト。一本カットォ~っ!
月別ログ_2011年08月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイヤー全国16強入り!スカイツリーも待ってました(笑) (2011/08/21)
2011全国大会1 2011全国大会新聞記事
毎日通った(笑)スカイツリー!がある墨田区。           片桐VBC(奈良)を破る大金星にスポーツ報知も注目!


4度目の全国大会となった今年、チームとしては何とか実績を残したいという強い思いで東京へ向かいました。今までは応援団も一緒に移動していましたが、今年は大会前日に東京入りして、恐れ多くも日本一の「東金町ビーバーズ」さんの胸をお借りして練習試合をさせていただき、しっかりと現地で汗をかいて開会式に臨みました。

しかし、第一日目、今大会3位入賞という勢いのある「BAGUS(埼玉)」と、昨年の予選でファイヤーに負け、リベンジに燃える171cmのエースが立ちはだかる「住吉(鳥取」という、死のパートで完敗し、全敗というまさかの結果となってしまいました。



そして運命の2日目の組み合わせ。全敗だったファイヤーは当然ながらシード獲得の強豪チームと当たります。

2日目1回戦 片桐VBC(奈良)

昨年、決勝戦で長崎の「日見クラブ」に敗れ、準優勝となったあの片桐さんです。しかもこの5年くらいは、ほとんど毎年3位以上に入賞いている、超・強豪チーム。当然、前日の予選も1位で勝ちあがっています。

しかし、「今日3回勝てばベスト8!」という強い気持ちで臨んだ初戦、まさかの2-0ストレートで勝利!
心技体と戦術が見事にマッチした、今年のファイヤーとしては最高のゲームだったと思います。

続く2戦目は、北海道の「釧路ルード」戦、心配した通り少し集中が切れ、息詰まるフルセットの戦いを制して2勝、なんとベスト8進出決定戦へ!しかし、その相手は・・・

「東金町ビーバーズ」(開催地)

まさか・・・まさか当たるとは!!
練習試合で胸をお借りしたビーバーズさんと、本番でまさかの再戦となりました。
結果は、2-0ストレート負け。完敗でした。


今回、全国16強入りを果たすことができましたが、やはり目標のあと1勝ができずにとても悔しかったです。全国大会をご覧になった方はよくお分かりだと思いますが、この1勝がとてつもなく大きな1勝なのです。まずはここをクリアしないと意味が無いとさえ思えてしまいます。

2011全国大会2

この「あと1勝」を目指して頑張った2011年の夏が終わりました。
結果は達成できなかったけど、その思いは次の世代に受け継がれました。


苦しくて逃げ出したあの日・・・
anohi
初めて監督の前で自分をさらけ出したこと、そんな自分を支えてくれるたくさんの力に気付いた日。

苦しんだ分だけ力が出せる。そう信じて闘い続けた相手は自分自身であった事を、今改めて感じているんじゃないかと思います。



今年は正直、1人の6年シンでは全国大会は無理かも・・・と思うこともありました。しかし、その気持ちを払しょくしてくれたのもやっぱりシンでした。そして最後は頼りになるポイントゲッターとして、キャプテンとしてチームを東京に連れて行ってくれました。自分の息子がいるときは、そんなことを考える余裕もなく、ただただ無事に終わることに集中するだけだったように感じますが、こうしてチームスタッフとして選手たちを見ると、ひとりひとりの気持ちや感情などがよく伝わってきます。

今年、何の力にもなれない私をチームに要請してくださった監督・コーチをはじめ、父母会皆さん、そして何より一緒に戦ってくれた選手のみんなに、心から感謝でいっぱいです。ありがとうございました。おかげで素晴らしい経験ができました!


最後に、今年も本当に本当にたくさんのみなさんのお力添えをいただいて、最高の舞台で最高のゲームができました。関わって下さった全ての方々に、心から厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今週から、2012年の夏に向けた戦いが始まりました。新チームは、昨年同様に荒波の海に船出をしました。
これからもファイヤーらしいバレーを貫き、新たな扉を開け続けたいと思います。

たくさんの応援、本当にありがとうございました。

2012年も燃えろ!日田ファイヤーキッズ

そして

待ってろ、東京体育館!
スポンサーサイト
さあ、東京へいざ出陣!~ファイヤードリームチームと最後の仕上げ♪~ (2011/08/08)
夢の競演です!
20110808ドリ-ムチーム
インターハイベスト8という結果を残した鶴見が丘のユウヤ&タツロウに、県選抜のタツヤ、カイト、そして日田の中学生の中では実力ナンバーワンと言われる、Mgrだったカンタに、昨年のOBリク&トワ♪

明日はいよいよ東京へ出陣!みんないい感じに仕上がっています。そして、2011年のチームとして最後の練習となった今日上がっています。そして、2011年のチームとして最後の練習となった今日上がっています。そして、2011年のチームとして最後の練習となった今日、なんと夢のドリームチームが相手になってくれました。夏休みに入って毎日のように相手をしてくれている中学生に加えて、先日のインターハイでベスト8という素晴らしい結果を残してくれた、別府鶴見が丘高校のユウヤ&タツロウが朝から練習に来てくれて、めったに見られない「ファイヤードリームチーム」が相手をしてくれました。そしてそれは、現役ファイヤーたちにはもちろんですが、監督にとってもきっと「ドリーム」だったに違いありません。自分よりもはるかに大きくなったかつての愛弟子たちが、こうやって恩返しをしてくれる。そばで見ている僕の心まで熱くなりました。

何度も何度も繰り返しますが、「ファイヤーの絆」が現役の選手たちの背中を「グッ」と押しています。過去の礎の先にある栄光。

「新興が伝統を凌駕する」


クラブ発足10周年の記念の年に、監督の中から絞り出された言葉です。
僕はあの日以来、この言葉をずっと心に置いてここまで来ました。そして2008年に監督が書いた「新たな挑戦、新たな絆」という言葉が、チームの飛躍を本当によくあらわしたと思っています。




2011年の全国大会に、明日出発します。

同じように汗と涙を流したたくさんのライバルたちが目指した、たった一つの場所。
過去の先輩たちが必死に超えようとして超えられなかった、一つ上の行ったことのない場所。

僕たちは、たくさんの人たちのいろんな思いを胸に闘おうとしています。
自分を信じて、周りの方々への感謝を忘れなければ、きっとその力が出し切れるでしょう。

ほんの一握りの限られた選手にしか許されない素晴らしいステージで、自分の持つ力を出し切れることを目指して、僕もMgrとして精一杯のサポートをやり遂げたいと思います。

皆様の応援を心よりお願い申し上げます。


東京のコートでも「燃えろ!日田ファイヤーキッズ」


全国大会の結果速報→全国大会オフィシャルサイト http://jeva-web.com/all-japan/
今年も取材されるかなぁ・・・ぽっ(恥!) (2011/08/01)
全国大会出場が決まってから、いつものことですが超!!多忙なスケジュールに少し疲れてきたここ最近。

「ねえねえ、今年もまた双子シリーズの取材があるよねぇ、フクちゃん!」
20110731sou 20110731fuku

                                                「恥ずかしいけど、あるね、ソウちゃん!

そんな和やかな会話が聞こえてきそうな2人の写真に、少し元気をもらいました。



東京まで残りわずかとなりました。
予選の組み合わせは、「昨年のリベンジをはたします!」との宣戦布告を春に受けていた、山陰の強豪「住吉男子」さんとまさかの対戦。もう一方は、埼玉の強豪「BAGUS」さん。
ブロックのない、小さなチームでどこまでやれるか、今年もまたチャレンジです。
住吉さんの高い強打を、ひたすらに拾いたいと思います。
ページ上部に戻る▲
燃えろ!日田ファイヤ|キッズクラブ © 日田ファイヤーキッズクラブ 2011. (http://hitafirekids.blog57.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。