FC2ブログ
 
日田で唯一の小学生男子ジュニアバレーボールチーム「日田ファイヤーキッズクラブ」に小さな青春をかける子供たちと、それを取り巻く大人たちのコミュニティサイト。一本カットォ~っ!
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶴見のみなさん、ありがとう! (2011/01/09)
更新が遅くなりましたが、昨日の3回戦、我らが別府鶴見丘高校は、惜しくも習志野(千葉)に敗れました。
2011鶴見3回戦
次元が違うといわれそうですが、高さがないチームの苦しさは、僕たちファイヤーキッズも今年、いやというほど味わいました。そしてやはり、東京のコートでもその「高さ」に屈しました。しかし、柿原監督のコメントはさすがですね~。試合が終わった瞬間に、もう次を見てます。そうでなくっちゃ!

908_1.jpg 908_2.jpg 908_3.jpg
A03_2769.jpg
今回の春高は、昨年よりもまた一つ、応援に力がこもりました。OBのユウヤに加えて、タツロウがコートに立ってくれたことはもちろんですが、キャプテンの小屋選手をはじめ、姫野選手や宇野選手、舌間選手、若林選手、田中選手・・・最初は全く分からなかった鶴見の選手を、いつの間にか覚え、昨年、今年とだんだんと親しみを覚えたことが大きいのではないかと思っています。しかし、時を遡れば、多くの選手がジュニア時代のライバルたちです。その時に明暗が分かれた選手どうし、今は同じチームで戦っています。この春高バレーは、今のファイヤーキッズたちに大事なメッセージを伝えてくれているのかもしれません。そして今、改めて思うのは、「みんなの代表として、東京のコートに立つ」ということの意味を、もう一度確認しないといけないということです。ライバルたちの分まで一緒に戦うということが、大げさではなく、きれいごとでもなく、「勝つために必要なこと」だと感じます。
2011年、さらに高い場所を目指して東京に乗り込もうとしているファイヤーキッズにとって、様々なことを考えさせてくれた今回の春高バレー。
大分県代表として、精一杯のプレーを見せてくれた別府鶴見丘高校の選手たちに、心からのありがとうを送ります。そして、来年の「ベスト8進出」に、心からのエールをお送りして終わりたいと思います。 rikupapa.

ありがとう別府鶴見丘、燃えろ!日田ファイヤーキッズ
 

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 


ページ上部に戻る▲
燃えろ!日田ファイヤ|キッズクラブ © 日田ファイヤーキッズクラブ 2018. (http://hitafirekids.blog57.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。